途方に暮れる夜が嫌い…

ミッツママの気まぐれ日記
<< 春を待つ女 | main | 欲、旺盛です。 >>
女たちへ
ハロー。
今日はちょっと怖いお話をしましょう。

この世は女が作っています。
だからまず女の質が落ちれば、男の質も漏れなく落ちるのです。
そしてさらに女が男を責め立てれば、もともと脆弱な男はさらに萎縮をし、極端な話、国は滅びてゆくのです。

女王蜂や女王蟻の仕組みと何ひとつ変わりません。
元来、男は餌を運ぶ労働力でしかないの。
だけど、「それじゃあ、いくら何でも・・・ねえ。」と言って、女は男を立ててあげているの。
男を立てて、女が静かを装って、男に緊張感が生まれ、男は己を磨き、それを見た女は「あらあら・・・。」なんつって、女同士の切磋琢磨を潜り抜けて、さらに女を磨く。
この世の万物ってのは、こういうふうにできているから、こうして何億年の幾年月・・・。だったはずなんですけどね。

いつしか男は増長し、女は自己犠牲の念に駆られ、ついに本領を発揮する時代に・・・。
ごもっともです。でも、女がホンキで何かを主張して、それに腕力以外で勝てる男なんていません。

故に、必要以上に束縛したり逆ギレしないと安心できない男が増えてしまった。今、男はビビッテいます。そして日本という国が、なんだかビクビクビクビクしています。すぐ他人のせいにして。会社のせいにして。学校のせいにして。テレビのせいにして。政治のせいにして。
「ボクは、ワタシは悪くないよー。」って。

オカマに「おかま!」と石を投げるような豪快な男もいなくなってしまいました。緊張感なんて、てんでなくなってしまいました。
代わりに聞こえてくるのは、意気地のないヒソヒソ話ばかりです。


私は日本の男が好きだから。
これ以上、日本の男がダメにならないためにも、今一度、その爪を隠し、その大きな口をすぼめたってください。女たちよ。

男は本能で知っているんです。
女には叶わないことを。
だから、無理をしてでも女を守り通すことで、男はどうにか生きる意味を見出しているのです。

剛健な筋肉よりも、しなやかな筋肉の方が強い。そんなこと百も承知。
結局大きな子宮と胸の中で、せいぜい威勢を張るぐらいでしか、男は存在を示せないの。

だからせめて嘘でもいいから、「わぁ!すごい!」って。
「逞しいわぁ!」って。「あなたがいないと心細いわ。」って。

立てて。勃てて。

だけど、やり切れなさや虚しさや鬱憤が溜まったなら、オカマを使って発散してください。いくらでもお付き合いいたします。
それで、日本の男が救われるならば、そんなのお安い御用です。


「草食男子が好き。」なんて、たわけたことを言っていると、本当に食べるものがなくなって滅びてしまいますよ。
女は、知らず知らずで男を食って生き延びる、賢くしたたかな生き物なんですから。


あと、男のせいにして女を怠っている女性も増えています。
だからオカマの暮らしが、バカみたいに潤うんです。
毎度ありがとうございます。

私は良くないと思います。
こんな世の中。



ってなことを、飲みながら語り合いましょう。今週も。
いらっしゃいませ。お待ちしております。
| mitz-mangrove | - | 04:45 | comments(6) | trackbacks(0) |
男より男らしく、女より女らしい、知的で美しい。


天はあなたに与えすぎです。


どんな言葉を用いても、形容出来ない、あなたの素敵さに世間が魅了されていることをただ単純に喜んでくださいね。


| ぴのこ | 2010/12/10 9:55 PM |
私も、全く同感です!

ミッツさんに魅かれた理由が、今、分かった気がします(>_<)
| なっちん | 2010/10/20 10:57 PM |
この文章読んで怖い話と実感している男、女はどれ程いますかね。あなたにはかなわないなぁ笑

日本男児です。期待あげ!!

| untitled | 2010/06/30 3:42 AM |
はっきりと、わかりやすく表現していらっしゃるのはやはり頭脳の現われなのでしょうか。
私事ですが、結婚して2年半、旦那様の不甲斐無さに飽き飽きしてきた今、たまたま拝見できて良かったです。またこまめにchkさせていただきます。
寒暖の差が激しいこの頃、お身体ご自愛して頂いて、またおもしろい文章を読ませて下さい。
| 元気 | 2010/02/19 9:03 PM |
はっきりと、わかりやすく表現していらっしゃるのはやはり頭脳の現われなのでしょうか。
私事ですが、結婚して2年半、旦那様の不甲斐無さに飽き飽きしてきた今、たまたま拝見できて良かったです。またこまめにchkさせていただきます。
寒暖の差が激しいこの頃、お身体ご自愛して頂いて、またおもしろい文章を読ませて下さい。
| 元気 | 2010/02/19 9:03 PM |
含蓄のあるお話を読ませていただきました。
女形だからこそわかる真実!
先日ミッツさんのお背中を見て(見せつけられて)
ドッキリした私です。
私はミッツさんよりずうっと年かさですので
背中の怖さを多分ミッツさんより知っています。
お若いミッツさんでさえ努力なさってるのだから
私も少しは努力しなきゃと思い立ちましたしだい。
ところで、
コンサートは今年はいつぐらいになさるのでしょうか。
鶴首しております。
| M | 2010/02/15 4:39 PM |









http://mama-blog.mitz-mangrove.com/trackback/1460077


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

このページの先頭へ