途方に暮れる夜が嫌い…

ミッツママの気まぐれ日記
<< Birthday in MARUNOUCHI | main | ミッツ・マングローブ コンサート2009 >>
そして気付けば夏だわねッ!
何事もなかったかのように、さらっと更新してやろうかと思ったら、あまりの放置っぷりに、ブログ管理人の本人である私ですらアクセスできない状況になっていました。

すいぶんな話だと思いません?

というわけで、皆様こんにちは。ご無沙汰いたしました。

春が過ぎ、梅雨も終り、今年も夏がやってきてしまいしたね。
私は、5月の頭に引越しを敢行したり、300回くらいダイエットを決意したりしながら、相変わらずの日々を過ごしています。

羽田空港・搭乗口にて

先々週末に、ショーのお仕事で沖縄に行ってきました。
泣き笑いするほど暑かったです。
我慢できずに飛び込んだ喫茶店では、冷房が壊れていました。それでも平気な顔してカレーとか食ってる沖縄の人たち……。

暮らしとか生活って、本来はこれぐらいサバイバルなものなのよね。
闘いなのよ。「自然を守ろう」なんて、所詮都会暮らしの戯言よ。


私は、「自然と手を繋ごう」とか「自然の中で自分を見つめよう」なんつう、おこがましいことは申しません。自分が生きられる範疇の中で、慎ましく精一杯生き抜くことが使命だと思っています。

海で泳ぐなんてもってのほかです。
お天道様の陽を仰ぐことすら躊躇いを覚えます。

よって、夕日が傾き、私の輪郭や化粧の暑さも目立たなくなった頃。
私は少しだけ元気を取り戻して、沈み行く太陽に向かって、杉山清貴&オメガトライブの唄などを歌ってみせるのです。


そしたら、浜辺で沖縄三味線を練習しているお兄さんを発見したので、果敢に誘惑をしたら、私のために一曲歌ってくれました。愛の歌を。辺りが暗くなると、俄然ヤル気も自信も増幅する私です。

帰り際、「で、お姉さんはどこ帰るね?」と訊かれたので、
「帰れるものなら、母の子宮へ……。」と答えておきました。



さあ、やり直しのきかない夏が始まりましたよ!

パヤパヤ〜♪








| mitz-mangrove | - | 18:12 | - | - |


 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

このページの先頭へ